緒方憲太郎/Voicy代表の結婚や年収は?父親や経歴についてもチェック

Voicyという会社をご存じですか?

ボイスメディア「Voicy」は日本発の音声メディアです。

 

ビジネスのプロや芸能人などの「声のブログ」、4大マスメディアの記事が声で聴ける「メディアチャンネル」、企業が発信する「社外報(オウンドメディア)」など様々なジャンルのラジオ配信が聴けるサービスです。

今回は今話題のVoicy代表の緒方憲太郎さんの結婚や年収、父親や経歴についても徹底調査していきます!

 

緒方憲太郎/Voicy代表のプロフィール

Voicyは“声のブログ”というコンセプトで人気に火がつき、利用者は累計350万人に上っています。

ブログと言えば文字のイメージが断然強いので、声のブログっていう発想が面白いですよね。

 

Voicy代表の緒方憲太郎さんは一体どんな経歴の持ち主なのか気になるので調べてみました!

氏名 緒方 憲太郎(おがた けんたろう)
生年月日 1980年
出身 兵庫県
出身高校 滝川高等学校
出身大学 大阪大学 基礎工学部 卒業

1980年生まれなので、年齢は2021年に41歳になることがわかりました。

まだ40代になったばかりで会社がここまで大きくなるなんてすごいですよね!

「魅力的な声を持った話し手がもっと活躍できる場所を作りたい」との思いからVoicyを起業した緒方憲太郎さんですが、緒方憲太郎さん自身もめっちゃええ声してるなぁ~

おひげが印象的ですが、めちゃくちゃいい人そうな人柄が、にじみ出ていますよね。

 

個人的には、パパイヤ鈴木さんに似ていると思うのですが、私だけでしょうか?w

そういえば、皆さんは音楽やYouTubeを外出中に聴いたり、観たりする時って、どんなイヤホンを使っていますか?

 

Voicyやclubhouseで音声メディアを楽しむなら、Bluetoothのイヤホンは必須ですよね♪

音声メディアが流行しだして一番売り上げが伸びたのはApple社のAirpodsだそうです!

→最安値はこちらからチェック

私も持っていますが、スマートフォンと有線で繋がないので、線が引っ掛からなくて快適です!

線がないから落としたら不安><と思っていましたが、一年以上使っていますが、片方なくすなんてことは今のところありません^^

 

Airpods Proだと、ノイズキャンセリング機能もついているので、雑音を排除して自分だけの世界に没頭したい人には特におススメです♪

置くだけ充電もできるので、買ってよかったと心から思っています!

 

ちょっと高い…と思うかもしれませんが、お値段以上なので、是非チェックしてみてください^^

緒方憲太郎/Voicy代表は結婚している?

今急成長中のVoicyですが、代表の緒方憲太郎さんは結婚しているのか気になりますよね。

調べてみたのですが、交際や結婚の情報は出てきませんでした><

 

各地を転々とされ、キャリアアップを積まれている緒方憲太郎さんなので、今はお仕事に集中したいのかもしれませんね。

緒方憲太郎さん座右の銘は『人生道に迷ったらオモロイ方へ♪』なので、「こいつとおったらおもろいやん」と思えるお相手と出会ったら、スピード結婚とかもありそうですね!

緒方憲太郎/Voicy代表の年収は?

日本発のボイスメディアとして注目を集めているVoicyですが、代表の緒方憲太郎さんの年収は一体いくらくらいなのでしょうか?

会社のホームページを見てみると、

設立 2016年 2月
資本金 5.1億円(資本準備金含む)

COO候補の正社員の求人も出ていましたが、年収750万円 〜 1500万円で募集していたので、代表の緒方憲太郎さんは1500万円以上は固いはず。

また、複数のベンチャー企業の顧問にも就任しているので、その報酬も合計すれば、年収2000万は過言ではないかと推測します!

 

Voicyは2016年に創業した会社なので、現在(2021年2月)では5年目を迎えています。

起業前から緒方憲太郎さんは、アドバイザーとしてベンチャー企業に関わっていて、300社以上に関わってきました。

 

色々な会社を見ていく中で、「少なくとも自分が起業するなら世の中にない、新しい価値を生む会社を作ろう」と思って、どこにそのポテンシャルがあるか、アイデアを練る中で今のVoicyが生まれたそう。

2021年にclubhouseが爆発的に流行しだしたことを考えると、抜群のリサーチ力と先見の明がありますよね。

 

何もないところから新しい事業を作り出すってすごく難しいし勇気がいることだと思います。

それを成し遂げるバイタリティーがある緒方憲太郎さんなので、今後もきっとVoicyの会社規模や社会的影響力も大きくなっていくのではないでしょうか。

緒方憲太郎/Voicy代表の学歴や経歴について

緒方憲太郎さんの高校は、兵庫県の私立の男子校の滝川高等学校でした。

偏差値は57 ~65とかなりの進学校!すでにこの頃から優秀だったんですね。

 

大学は大阪大学に進学します。

大学在学中に、公認会計士の資格を取り、2006年に新日本監査法人に入社。

その後Ernst & Young NewYork、トーマツベンチャーサポートを経て起業しています。

 

緒方憲太郎さんには気になる経歴があり、なんと地球2周放浪!

一周した人もなかなか珍しいですが、2周放浪したって言えちゃう人って激レアさんな気がします!!

 

現在は、複数のベンチャー企業の顧問にも就任し、事業計画、資金調達、組織戦略、PR戦略、社内リーダー育成、採用、VC対応、大企業連携、その他社長のメンターやネットワーク構築を行うビジネスデザイナーでもあります。



 

緒方憲太郎/Voicy代表の父親は誰?

お父様は大阪の毎日放送(MBS)のアナウンサーの緒方憲吾さんです。

熊本県熊本市のご出身で、同志社大学卒業後の1969年に、アナウンサーとして毎日放送に入社しました。

 

2007年に定年退職されていますが、毎日放送への入社後は、スポーツアナウンサーとして活動するかたわら、『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)や『ヤングおー!おー!』『あどりぶランド』『真珠の小箱』(MBSテレビ)などの番組に出演。

1992年5月にラジオ局編成部へ異動した後は、資料室担当部長兼広報部部長を歴任しました。

 

プライベートでは、日本拳法6段で、2008年からは吹田市日本拳法連盟目俵道場代表・日本拳法会開発部長・全国連盟兵庫県代表理事・兵庫県体育協会競技力向上委員をそれぞれ歴任。

また、有限会社ビー・グラッド所属のフリーアナウンサーとしても活動しています。

 

緒方憲吾さんは礼儀に関して厳しく、息子の緒方憲太郎さんは滑舌や発音もよく注意されていたそうです。

声を届けるお仕事が小さい頃から身近にあったことも、緒方憲太郎さんがVoicyの事業を思いつくルーツになっているのは間違いないでしょう。

 

お父様の緒方憲吾さんもそんな息子さんを持って誇らしいのではないでしょうか。

まとめ

音声メディアと言えば、最近ではclubhouseの人気が急上昇中ですが、日本発の声のブログVoicyもこれからさらに伸びていくこと間違いなしのサービスです!

今後の注目していきたいと思います♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です