山崎大祐/マザーハウスの経歴と年収!学歴と結婚しているかも調査!

マザーハウスという会社をご存知でしょうか?

マザーハウスは「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ、2006年にバングラデシュからスタートした会社です。

 

創業者の山口絵理子さんと山崎大祐さんは大学時代のゼミの先輩後輩!

後輩の山口絵理子さんが、山崎大祐さんに声がけしたのがきっかけで、二人三脚で今までお仕事に取り組んできたそうです。

 

そこで今回は、マザーハウスの代表取締役副社長の山崎大祐さんに注目!

マザーハウス代表取締役副社長山崎大祐さんの経歴と年収はいくらくらいか、学歴と結婚しているかも調査してみました。

 

山崎大祐/マザーハウス代表取締役副社長のプロフィール

マザーハウス代表取締役副社長山崎大祐さんは一体どんな方なのか、気になりますよね。

山崎大祐さんのプロフィールがこちら。

氏名 山崎大祐(やまざき だいすけ)
生年月日 1980年5月21日
出身 東京都
出身高校 日出学園高等学校
出身大学 慶應義塾大学総合政策学部

山崎大祐さんの年齢は、2021年2月現在40歳でした。

マザーマウスの設立は2006年3月9日なので、設立当時の年齢は26歳!!

26歳でゼミの先輩後輩同士で会社を立ち上げるって、すごい行動力ですよね。

若いからこそできる行動力なのかもしれませんが、やろうって言って、本当にやって、しかも軌道に乗せるって並大抵のことではないはず。

 

実際、何度も会社が危ないって時もあったそうですが、その度に必死に困難を乗り越えてきたから今があるのではないでしょうか。

山崎大祐/マザーハウス代表取締役副社長の経歴

バングラデシュで山口絵理子さんが作ったバッグを、山崎大祐さんに売り込みに来たのがきっかけで、「きちんと事業をやるなら会社をつくるべき」という話になって、お2人で出資してマザーハウスを設立したのがすべての始まり。

 

その頃はゴールドマンサックス証券でエコノミストを務めながら、副業でマザーハウスにも関わっており、バッグを作ってネットで販売しようとしたところ、まったく売れなかったそう!

このままだと会社がつぶれてしまうと焦り、山崎大祐さんのお家で、商社や広告代理店、コンサルなどに勤めている友人を集めて戦略会議を開いていたそうです。

 

気心の知れた仲間と一緒に一つの目標を目指すって、ワクワクしますよね!

大人になっても、秘密基地に集まって、みんなで作戦会議するなんて、想像するだけで楽しそうです!!

山崎大祐/マザーハウス代表取締役副社長の年収

山口絵理子さんと山崎大祐さんのお2人で立ち上げたマザーハウスは、現在、国内外に38店舗、11カ国で展開し、アジア6カ国に工場を持つ大きな企業となりました。

会社全体では600名規模に成長しています!

 

2007年から取締役副社長に就任し、2019年3月からは、同社代表取締役副社長になった山崎大祐さんの年収は一体いくらくらいなのでしょうか?

まずは、マザーハウスの設立と資本金を見てみましょう。

設立 2006年3月9日
資本金 27,950,000円

採用情報を見てみると、部門統括マネージャーで年収650万円なので、代表取締役副社長になった山崎大祐さんの年収は1,000万円は固いのではないでしょうか?

元々はゴールドマンサックスでエコノミストをしていたので、かなりの高給取りだったはず。

 

もしかしたら、今はゴールドマンサックス時代を優に上回る額の年収になっているかもしれませんね!

 

山崎大祐/マザーハウス代表取締役副社長の学歴

出身高校の日出学園高等学校は、千葉県にある中高一貫教育を提供する私立の共学の高校でした。

偏差値は63 – 66の進学校!

 

いきなり!ステーキでお馴染みの一瀬邦夫さんや、お笑い芸人のエド・はるみさんも同校の卒業生です。

山崎大祐さんのご家庭は、母子家庭で決して裕福ではなかったそう。

 

高校の3年間も、焼肉屋のアルバイトで稼いだお金を昼食代にあて、晩御飯はバイト先のまかないを食べる、といった生活を送っていたそうです。

そんな生活をしながらでも、数学の偏差値は70台だったそうなので、やはりかなりの秀才ですよね!

 

高校時代は物理学者を目指していたのですが、幼少期の記者への夢を捨てられず、慶應義塾大学総合政策学部に進学。

大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、途上国の貧困・開発問題に興味を持ち始めました。

 

2003年3月大学卒業後、ゴールドマンサックス証券でエコノミストとして日本及びアジア経済の分析・調査・研究や各投資家への金融商品の提案をするお仕事に従事します。

2006年、山口絵理子さんと共に「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念とする株式会社マザーハウスを立ち上げ、2007年3月にゴールドマンサックス証券を退社。

 

マザーハウスの取締役副社長として、本格的に経営に参画をスタートしました。

山崎大祐/マザーハウス代表取締役副社長は結婚している?

後輩の山口絵理子さんがバッグを売り込みにきたのがきっかけで、一緒に会社を興しちゃうほど、面倒見がよい山崎大祐さんですが、ご結婚はしているのでしょうか?

2020年に山口絵理子さんが一般男性との結婚を発表した際には、お相手は山崎大祐さんなのでは?と噂がありましたが、本当のところはどうなのか調査してみました。

 

山崎大祐さんが、2020年にLaxicのインタビューに答えている記事では、「僕はまだ結婚していないのでそこまでわからなかったのですが、」の一文を発見!

ということは、山口絵理子さんの結婚相手は山崎大祐さんではないし、山崎大祐さん自身は独身ということで間違いないですね。

 

現在も、年間の半分は途上国を中心に海外を飛び回り、マーケティング・生産両サイドを管理し、世界中を忙しく飛び回っている山崎大祐さんなので、国際結婚とかも十分あり得るのではないでしょうか。

相棒の山口絵理子さんが結婚・出産したので、もしかしたら山崎大祐さんも結婚を意識しているタイミングかもしれません。

まとめ

会社が大きく成長した今でも、世界を股にかけ、精力的に活動されている山崎大祐さん。

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」というマザーハウスの理念も素晴らしいですよね。

 

途上国にある素材や人材の可能性に光を当てたモノ作りを行う企業を引っ張っていく山崎大祐さんから、今後も目が離せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です