冨山和彦(経営共創基盤CEO)のコロナ本の評判は?経歴や年収もチェック

 

東大京大の人気就活ランキング10位のコンサル会社・経営共創基盤(IGPI)のCEOの冨山和彦さんは、経営コンサルタントでありご自身の会社の経営者でもあります。

 

最近はユーチューブの動画チャンネルのNewsPicksに登場していたり、若い方にも身近になってきたように感じます。

今回は富山和彦さんの著書「コロナショック・サバイバル」の評判や、富山和彦さんの経歴年収について調査していきます。

 

冨山和彦の経歴

富山和彦さんはどのような経歴の持ち主なのでしょうか。

調べてみると、まず、東京大学法学部を卒業し、その後スタンフォード大学経営学修士(MBA)修了。

 

1985年にはボストンコンサルティンググループに入社、産業再生機構代表取締役専務(COO)などを経て2007年経営共創基盤(IGPI)設立。

ここからは表にまとめていきます。

  • パナソニック社外取締役
  • 東京電力ホールディングス社外取締役。
  • 経済同友会政策審議会委員長
  • 財務省財政制度など審議会委員
  • 内閣府税制調査会特別委員
  • 内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者
  • 内閣府総合科学技術・イノベーション会議基本計画専門調査会委員
  • 金融庁スチュワードシップ・コードおよびコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議委員
  • 経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員

かなりの重役を兼任していることが分かります。

1960年生まれなので、年齢は60歳。とてもパワフルですよね!!

冨山和彦の年収

数々の重役を兼務している富山和彦さんですが、一体年収はいくらなのでしょうか。

富山和彦さん自身が経営している経営共創基盤では、30代マネージャークラスで1,000万円越えはザラのよう。

 

正確な金額は不明ですが、兼任している役員報酬も合せれば、1億越えは固いのではないでしょうか。

冨山和彦の本「コロナショック・サバイバル」の評判は?

新型コロナウイルスが今だに収束しない中、緊急出版された富山和彦さんの著書「コロナショック・サバイバル」

今後、コロナ禍で経営が窮地に追い込まれていくことを予想し、どのように生き残るかの指標が示されています。

 

こちらが富山和彦さんからのメッセージです。

では、実際にコロナショック・サバイバルを読んだ人はどのような感想を持ったのでしょうか?

ここまでの感想を見ると、どちらかというと経営者向きの本なのかなという印象でした。

そんな中、このようなツイートも。

富山和彦さんは年功序列の日本的経営にはNOのスタイルですよね。

社員一人一人が会社を経営する経営者という認識が必要になってくるのではないでしょうか。

 

雇用される側の会社員こそ読んでいて損はない本だと感じました。

 

冨山和彦(経営共創基盤CEO)の本

最後に富山和彦さんの本をご紹介します。

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

→最安値はこちらからチェック

コロナショック・サバイバルの内容

今回のコロナショックは、その広さと長さと深さにおいて、過去の危機を上回る破壊性を持っている。

ローカル経済圏を直撃するLの第一波、グローバルな経済圏の大企業やその関連企業へ波及するGの第二波、そして、金融危機を招くFの第三波。

この大波のメカニズムを理解し、いかに対処し、くい止めるのか。

過去の危機の歴史が示唆するものは何か。また過去の危機との違いは何か。

修羅場の「べからず集」、生き残るために個人、企業、政府がすべきこと。

ポストコロナショックを見すえて、今こそ本気で考えるべきこと。

この破壊的危機の時代を生き残る経営術を喫緊に共有するべきであるという使命感から、冨山和彦さんが緊急出版したそうです!

コロナショック・サバイバルの目次

はじめに 破壊的危機にどう対処すべきか
第1章 L→G→F、経済は三段階で重篤化する
第2章 企業が、個人が、政府が生き残る鍵はこれだ
第3章 危機で会社の「基礎疾患」があらわに
第4章 ポストコロナショックを見すえて

「競争力×稼ぐ力」を強くする生産性革命

→最安値はこちらからチェック

「競争力×稼ぐ力」を強くする生産性革命の内容

企業内での生産性を高め、より高い付加価値を提供し続けていくことが、日本企業の長期的・持続的な成長の鍵となってきています。しかしながら主要先進国との比較においても、まだまだ日本企業の改善余地は沢山あるというのが現状です。
本書では、IGPIが長年にわたり、多くの産業での企業支援を行ってきた中から見てきた事業活動のリアリティ、そして改革のエッセンスをふんだんに織り込みつつ、短期的な収益の追求だけでなく、長期的視点を持った生産性改革を軸とした企業活動の有り方について、提言しています。

「競争力×稼ぐ力」を強くする生産性革命の目次

Chapter1 国内産業の「価値を最大化」する――取り組むべきことの全体像を描く
Chapter2 [製造業編] 「設計・調達・生産工程」の連携力を高め、世界戦で勝つ――競争力のある製品は、いかにして生まれるのか
Chapter3 [非製造業編] 「生産性向上」に抜け道なし――「王道」の取り組みを行い、地方で勝ち抜く
Chapter4 生産性を上げるために日本がすべきこと――目の前のチャンスを味方につけよう

社長の条件

→最安値はこちらからチェック

社長の条件の内容

デジタルトランスフォーメーションやグローバリゼーションによる地政学的変化などで産業構造が変わる大変革の時代に、社長に求められる資質は大きく変わりました。

「社長の定義」が変わり、ガバナンスと後継者選びが変わり、そして、就活・キャリア・教育が変わる――

「Society5.0」の推進に尽力する経団連 中西会長と、数々の社長選びやガバナンス改革にかかわってきた冨山が「社長とは何か?」「今の時代に何が必要か?」について本音で対談し、具体像を提唱しています。

みずほFG 佐藤康博氏、コニカミノルタ 松﨑正年氏、アサヒグループHD 泉谷直木氏のインタビューも必読です。

社長の条件の目次

はじめに   新しい時代に、新しいリーダーが求められている
第1章       「社長の定義」が変わる
第2章     コーポレートガバナンス改革と理想のサクセッションプラン
第3章     採用が変わる、キャリアが変わる、教育が変わる
(収録)     社長交代・わが社の場合
________みずほFG/コニカミノルタ/アサヒグループHD
おわりに     令和の時代、社長の選び方も新時代へ

両利きの経営

→最安値はこちらからチェック

こちらは、冨山和彦さんが解説を執筆しています。

両利きの経営の内容

スタンフォード大学経営大学院のチャールズ・A・オライリー教授が共著で出版された、世界のイノベーション研究の最重要理論「両利きの経営」に関する初の体系的な解説書です。
冨山和彦さんが両利きの経営力で不確実性の時代をいかに生き抜くかについても執筆しています。

IGPI流経営分析のリアル・ノウハウ

→最安値はこちらからチェック 

IGPI流経営分析のリアル・ノウハウの内容

ビジネスで必須の経営・財務分析について、いわゆる形式的な分析ではないIGPI流のリアルな分析方法を図解も加えることでわかりやすく解説しています。

IGPI流経営分析のリアル・ノウハウの目次

はじめに― あなたは本当の経営分析ができますか?
第1章 リアルな経営分析とは何か?
第2章 リアル経営分析の進め方
第3章 生き残る会社と消え去る会社〈実例に学ぶ分析枠組み編〉
第4章 生き残る会社の数字のつくり方〈ケーススタディーで分析訓練編〉
おわりに― 「会社」も「事業」も無形物

結果を出すリーダーはみな非情である

→最安値はこちらからチェック

2012年10月にダイヤモンド社から刊行された 『結果を出すリーダーはみな非情である ~30代から鍛える意思決定力~』 を文庫化したものです。

まとめ

アフターコロナをどう生き抜くか。

せっかく自粛期間中で時間もあるので、富山和彦さんのコロナショック・サバイバルを読んで今後に備えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です